私の変な美容の癖※体験談集

キメ顔をしながらの化粧

私がやってしまう美容に関する変な癖は、化粧をするときにキメ顔をしてしまうということです。
もちろん、誰かに見られているわけではありません。
クセ1
化粧をしているときはそこに自分しかいないのですが、どうしてもキメ顔をしてしまうのです。
何故かと聞かれたら困るのですが、強いて言うなら、無表情で化粧をしていると笑いたくなるからでしょうか。
化粧のためにはあまり顔を崩してはいけないので別に無表情が間違っているわけではないのですが、その顔を見ると変な気持ちになるというか、笑いたくなってしまうのです。

 

そういうこともあっておそらく自然にキメ顔をしながら化粧をするようになったと思うのですが、こんな顔を誰かに見られたら恥ずかしくてたまりません。出来ることなら、誰にも見られたくありません。

 

そもそも、キメ顔をしている自分というので十分恥ずかしいのですから。
でも、化粧をしている人は自分の顔にまで気を使っている余裕がないのか、口を開けっ放しにしたりとか、変な顔をしている人が多いです。
そういう顔をしながら人前で化粧をしている人を見ると、自分はまだマシかもと思います。

クリームをつけながらニターっとして引っ張り上げる

クセ2
昔は、化粧水、乳液をつけた後に必ずバシバシ顔をたたいていました。
それによって、肌がハッとして目が覚めると言うか、実際にそのようなアドバイスはいたるところで
されました。肌をたたいて、ペッタペタと手が肌にくっつくと、ああ、浸透して言ったな、と感じるのだそうです。実際はどうかはわかりません。

 

それをしながらあまり効果云々を感じなかったのですが、ミケンや目じりにシワが確認されるように
なってさすがに慌て初め、今度はクリームをつけながら鏡を見ながら、ミケンのシワ、目じりのシワを
引っ張ってみます。化粧品をつけたら、バシバシから、肌を引っ張り上げることに方針転換です。
しかも、笑顔を作ることで顔に顔に適度なハリをもたらします。

クリームをつけたら、ニターっとしてシワを引っ張り上げる、相反する行為のように思われますが、
今は、こうしないと落ち着かなくなっています。

 

目じりのあたりは、目の疲れを感じたときも刺激を与えるところですから、ある程度複数の
効果を期待してやっています。血流を考えると言うことなら、美容にも良いに決まっているので、
最近は、疲労回復も美容を考えてでも、この不思議な行動を繰り返しています。

 

最近良い化粧水を発見!

アヤナスというブランドがかなり良いのでシェアします。
レビューも詳しく掲載されててオススメです。
http://ratchada-fl.com/